当院の3つのコンセプト

当院のコンセプトについて説明致します。
当院では「東洋医学」と「西洋医学」2つの観点から治療をさせて頂きます。
わかりやすく説明させて頂くためにまずは「西洋医学」から説明します。

西洋医学とは「病気・疾病」などを治療する「科学」の医学になります。解剖学的所見、生理学的所見、病理学的所見などから病気を診断し治療するものです。科学で証明されているものが基礎になります。
当院では「科学的」にカラダを診て治療させて頂きます。なぜ今の状態にあるのか、どうやって治すのか、どうして痛いのかなどを科学的に調べて施術致します。

これに対して

東洋医学とは「未病治」が基礎になる「感じる」医学になります。「未病」とは病気ではない状態のことを示します。「病気になっていないけど、調子が悪い」などの状態から治療を始めて、病気になる前に治すものが「未病治」になります。
「感じる医学」というのは、最近では科学で証明されつつある鍼灸ですが、いまだに証明されていないものも多いです。
当院ではカラダを診て目には見えないカラダの状態を「感じて」治療させて頂きます。問診時にお話をお伺いさせて頂きながら、東洋医学的にどのようなカラダの状態にあるのかを調べて施術致します。

この2つの「東洋医学」と「西洋医学」の2つの観点から施術をすることで、1つの観点では出せない驚くほどの効果を出します。

 

 

2つの観点から治療をすることで他には出せない成果を出せることを説明させて頂きました。
その成果を出すために一番大切なことが「カウンセリング(問診)」と当院では考えています。

カウンセリング内容

・カラダのどこが気になるのか?

・どんなカラダを目指したいのか?

・カラダのどこを変化させたいのか?

など、患者さんが「どんな思い」で当院に来て頂いたのかを最初に時間をかけてじっくりとお聞きいたします。その上で「望診(視診)」「聞診(聴診)」「切診(触診)」をさせて頂き、まだ気づいていないカラダの状態を見つけ出します。見つけた状態をお話しさせて頂いて相談し、その上で治療方針を決めさせて頂きます。
じっくり聴くためにカウンセリングの時間は30分設けさせて頂いています。その日の状態に合わせた紅茶を飲んで頂きながらじっくりお話しをさせて頂きます。
こころの状態とカラダの状態をしっかり知る事が一番大切です。知らないと状態に合わせた治療が行えません。

しっかりと状態を把握した上で2つの観点からの治療をする事で、初めて他には出せない成果を当院では実現いたします。

 

 

こころとカラダを治療するには「リラックス」がとても大切になります。リラックスして頂くために「非日常」の空間をご用意しています。現代社会では

現代社会では、、

・忙しくてなかなか旅行に行けない

・機械が便利になり人との会話(コミュニケーション)が減っている

・いつも何かを考えている

など、とてもリラックスできる環境にはありません。
当院ではそんな日常から遠ざかりリラックスしていただけるように「非日常な空間」をご用意しています。「まるで違う土地に来たような治療院内」「楽しい会話(コミュニケーション)」「何も考える必要のない時間」を提供する事で「極上のリラックス」を必ず体験して頂けることを約束いたします。

 

当院はこの3つのコンセプトからなっています。

こころとカラダの治療を通して、より良い人生を過ごす事ができるように少しでもサポートさせて頂きます。

更新日:

Copyright© La fonte , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.